自分たちの暮らしの変化を長い目で見てマンションを決めましょう

自分たちの暮らしの変化を長い目で見てマンションを決めましょう

マンションにはいろいろな形状のものがあります

マンションのタイプにはいろいろあり、どんなタイプのマンションに住むかによってライフスタイルやライフステージが大きく変わるので、自分たちにあった物件とはどんなものかをしっかり考えなければなりません。たとえば、あなたの周辺にあるマンションを思い浮かべてください。ごく普通の長方形のものやL字型やコの字型など、様々な形状のものがあることに気づくでしょう。一般的には、単純な形の建物ほど建築コストは安くなりますが、立地によっては日当たりの悪い住戸ができるという難点もあります。

角部屋、高層階が住みやすいとは限りません

住戸のタイプは、間取りプランや位置などで分けることができます。日当たりをよくしたり、居室を広くするために工夫された物件もあります。マンションのなかには長方形でない変形タイプも見られますが、あなたの家族構成に合った間取りであれば、一概に使い勝手が悪いとは限りません。また、日当たりや眺望の良さから角住戸や高層階住戸が好まれる傾向がありますが、条件が良ければそれだけ価格が高くなります。一階なら専用の庭が付いていたり、下にはだれも住んでいないので気兼ねしなくてもいいというメリットがあります。

ライフステージに合ったマンション選びを

自分のライフステージによってマンションのタイプを考えるのもいいでしょう。シングルなら1LDKの広さを重視したり、昼間は留守になってしまう共働き夫婦なら日当たりよりも宅配ロッカー付きを重視した方がいいかもしれませんね。ただし、今は共働きで子供がいなくても、将来は家族が増えることも考えられるわけですから、ある程度の部屋数は確保しておきたいところです。これからはひとつのマンションに長く住み続ける傾向が強まると予想されているので、物件を選ぶときも自分たちの暮らしの変化を長期的視野で想定しておくべきでしょう。

函館のマンションを選ぶ時は、こだわりの条件を明確にしましょう。まずは、価格と間取りを明確にすることをおすすめします。